• 日本ホメオパシーセンター総本部 TEL:03-5352-7750 【営業日】火・日(定休日:月・祝) 【予約受付時間】9:30〜17:30
  • お問い合わせフォーム
  • ホメオパシーとは
  • こんな症状に
  • お客様の声
  • 当センターをお薦めする理由
  •  健康相談案内
  • よくあるご質問

総センター長プロフィール


日本ホメオパシーセンター 総センター長 由井寅子 日本ホメオパシーセンター 総センター長 由井 寅子(ゆい とらこ)

日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)会長
ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー(RAH)学長
・英国ホメオパシー医学協会(HMA)名誉会員
・英国ホメオパシー医学協会及び
 英国認定ホメオパス連合(ARH)認定ホメオパス
・ホメオパシー名誉博士(Hon.Dr.Hom)及び
 ホメオパシー博士(Ph.D.Hom)


【略歴】

英国で潰瘍性大腸炎を患い、万策尽きたと観念した時に偶然ホメオパシー療法と出会う。
たった4粒の砂糖玉で症状が劇的に改善し、完治するという経験をしたことがきっかけで、英国のスクールに通いホメオパシーの勉強をスタート。卒業後、日本人で初めて英国ホメオパシー医学協会(HMA)の試験に合格し、ロンドンでホメオパシークリニックを開業。
国際的なホメオパシー団体からも高く評価され、世界の高名なホメオパスたちとも深い親交がある。

【座右の銘】

万物生命、その存在自体に感謝し、命そのものを生きられんことを!

【趣味】

ホメオパシー的生き方の追及と普及

1996年11月

ホリスティック医学協会主催 ホメオパシー講演会を行う。

1997年4月

日本に本格的なホメオパシーの学校、ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー(RAH)を創設。
学長に就任し、ホメオパシーの教育に全力を注ぎはじめる。

1998年4月

日本初のホメオパシー団体である日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)を設立。
会長に就任し、日本でホメオパシー医学を普及させ、広く社会に貢献することを目指し活動をスタートする。

1998年7月

九州大学医学部にてホメオパシー講演会を行う。

1998年11月

講師として招聘され、国会議員会館にて、国会議員の方々を前に、初のホメオパシー講演を行う。

2000年5月

第6回日本癌コンベンションにてホメオパシー講演を行う。

2000年4月

英国ホメオパシー医学協会(HMA)からフェローシップを贈られ、名誉会員となる。

2001年5月

インターナショナル・メディカル・ユニバーシティーにて、国際法に基づいたホメオパシー博士の学位を取得する。

2006年10月

2006年10月 日本人間ドック学会の様子第47 回日本人間ドック学会にて学術発表を行う。
発表テーマ:「21世紀の医学・ホメオパシー医学概論−真の予防医学とホメオパシー」及び「21世紀の医学・ホメオパシー医学症例-自己免疫疾患と医原病」





2007年6月

世界最大のホメオパシー出版社B. Jain Publishing House が発行しているホメオパシー学術誌
『The Homoeopathic Heritage International』の国際アドバイザーに任命される

2007年7月

2007年7月 ドバイ 第3回ホメオパシー国際コンファレンスの様子第3回ホメオパシー国際コンファレンス(ドバイ)にて、難治性疾患を三次元処方で治癒に導いた22の症例を発表。
ハーネマン・カレッジ・オブ・ホメオパシーからホメオパシー修士号を授与される。
同時にPioneer Universityから、ホメオパシー名誉博士号の学位を授与される。



2007年10月

2007年10月 ドイツ 国際ホメオパシー評議会第1回総会の様子ドイツ・ハンブルグで行われたICH(国際ホメオパシー評議会) 第1回総会に日本代表として出席し発表。






2008年7月

2008年7月 第9回日本ホメオパシー医学協会学術大会の様子第9回日本ホメオパシー医学協会学術大会で、これまで治療の可能性が見込めなかった発達障害(自閉症、多動性障害)が 予防接種を希釈浸透したホメオパシーのレメディーを使って改善する7つのケースを発表する。



2008年9月

2008年9月 ロンドン ARH秋季学術大会の様子ロンドン郊外で開催されたARH(英国認定ホメオパス連合)の秋季学術大会(コングレス)に招聘され、学術発表を行う。
発表後、「ホメオパシーに対し、このように傑出した貢献を遂げた人は、由井会長以外考えられません。将来、由井会長の達成に見合うような人がでるかどうか見守るだけです。」とのコメントとともにARHから特別表彰を受ける。
発表テーマ:「医原病と発達障害におけるホメオパシーのアプローチ」