• 日本ホメオパシーセンター総本部 TEL:03-5352-7750 【営業日】火・日(定休日:月・祝) 【予約受付時間】9:30〜17:30
  • お問い合わせフォーム
  • ホメオパシーとは
  • こんな症状に
  • お客様の声
  • 当センターをお薦めする理由
  •  健康相談案内
  • よくあるご質問

こんな症状に

皮膚疾患

  • クライアント
  • R君 男の子 1歳
  • 担当ホメオパス


  • 麻野 輝恵
    日本ホメオパシーセンター大阪本部センター長/HMA認定ホメオパスNo.1074
    JPHMA認定ホメオパスNo.070/JPHMA認定アニマルホメオパスNo.A003
  • 担当ホメオパス
  • 皮膚疾患
  • 病状の経過
    病状の経過 図
  • タイムライン

  •  出産前
  • 母、過呼吸症。ウテメリン、鉄剤(妊娠中)、カンジタで塗り薬使用。出産後、解熱剤。
  •   0 歳
  • 3264g。安産。ビタミンKシロップ服用。
  •  1ヶ月
  • 脂漏性湿疹。2週間ほどで治る。
  •  4ヶ月
  • BCG接種。接種後全身に発疹。小さい白いイボのようなものが背中に3つ出来た。
  •  5ヶ月
  • 細気管支炎で入院。激しい咳、高熱、目がうつろ。ステロイド、抗生物質。
  •  7ヶ月
  • 全身にトビヒ。以降手首足首が酷くなる。
  • 相談会の様子

  • 〜蠱眠 1回目(2006/08/16)
    2006年1月初旬、BCG接種後体中に発疹、ステロイドも塗るが治らず。顔が特にひどく赤い状態。細気管支炎で5日間入院、点滴でステロイドと抗生物質、ステロイド・抗生物質の飲み薬と塗り薬も使用。性格がまるっきり変わってしまった。後追いが激しく母以外に行かない。痒いのか常に気難しく泣いている。以前はよく笑い陽気でほがらかだった。
    R君が飲んでいた薬:抗生物質、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤。母が飲んでいた薬:ウテメリン、解熱剤(乳腺炎)、鉄剤(妊娠中)
    使用したレメディー:ウテメリンの害だし。母親以外には行かないPuls. 恐怖にAcon.

    ∩蠱眠 2回目(2006/10/04)
    酷いときには1時間ごとに起きてかいていたが痒みは眠いときのみになった。Puls.で調子が良かった、痒くないのか快適に一人遊びをする。顔の赤みは引いてきた、お風呂が大嫌いだったが遊ぶようになった。他力本願だった(自分でできるが人にしてもらう)母が変化した。今まで辞めなかった喫茶店の仕事を辞めた、子供が大切だと思うので。
    レメディー:Cortis./Adren. コーチゾンの害だし、副腎の強化 Lyc. 耳の後ろの切れ、筋力の弱さ、消化器の弱さ

    A蠱眠 3回目(2006/12/10)
    前回のレメディー終了後に熱が出た。肌の調子は良くなっていた。一番酷いときの赤い汁が出た状態はなくなり、現在は皮膚の乾燥が酷い、膝があかぎれのようになっている。小麦、大豆、しょうゆも食べる。すごく食べる。母が見えないとだめ、常に自分を見ていて欲しい。
    レメディー:BCG.再度予防接種の害だし Antibio-D. 抗生剤の害だし

    ち蠱眠 4回目(2007/03/28)
    最終にはAlum./Formal. 予防接種の添加物 Tub./Bac. 結核体質がベース、アレルギー
  • 結論

  • 皮膚の状態は落ち着きあまり痒がらなくなった。母親の顔や姿が現れないと不安になって激しく泣いたりする、いわゆる後追いもなくなった。乾燥が酷かったが皮膚の状態がよくなり普通の子供の皮膚になってきた。癇癪もなくなり性格も穏やかになり体も大きくなり食欲もある。

    ※ホメオパシー療法では、似たような症例でもその方のこれまでの生き方や生活環境などによって、レメディー選択やアプローチも異なってきます。つまりホメオパシー健康相談においては、あなただけのオーダーメイドのアプローチとレメディーが必要となります。お悩みをお持ちの方や何かお困りの方は、お近くのホメオパシーセンターへご相談ください。