動物トに関する<ホメオパシー体験談>をご紹介しています。豊受モールに「動物に関するホメオパシーの書籍」もございます。URL:https://mall.toyouke.com/index.php/he/subcategory?id=344

口蹄疫/英国では1967、1968、1981年に口蹄疫が発生。口蹄疫には、ホメオパシーレメディーの、ボーラックス30Cが有効だったと報告されております。

口蹄疫は法定伝染病にも指定され、ホメオパシーでの対処には大きな圧力がかけられた中、英国などでは草の根でホメオパシーの使用が広がり、Borax(ボーラックス)30Cなどのレメディーの使用が酪農の現場で広がりました。英国では、流行時にホメオパシーの使用の多かった地域では、流行が広がらなかったと報告されております。

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別動物感染症(ウイルス・細菌)
猫・歯石/マザーティンクチャーとレメディーで猫の歯石がとれたケース

歯石もあれば歯茎も赤くなっているし、病院だと全身麻酔で歯石をとるとか書いてあるし、うちの猫は臆病で病院なんて行ったら失禁するし、可愛そうだし絶対いきたくないからホメオパシーでなんとかしようと思い『ハーブ・マザーチンクチャー』の本をみてサポート歯黒がとてもよさそうで購入しました。

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別動物
犬・こころ(気持ち)/留守中に何かが起きたらしく、固まって動かなくなり慌てました。アコナイトを口にいれました。2粒目に入った時に立ち上がり、体をブルブル~としたのをきっかけに動きだしました!!

一年くらい前にもそのようなことが起き、その際いつもお世話になっているホメオパスの先生に教えて頂いたRhus-t(ラストックス)6cを与えましたが改善がみられず(その時は20分で歩きだしました)、半べそ状態で先生にお電話したら運よく繋がり、落ち着いた関西弁で(笑)「パリス(ぺットの名前)に何があったかはわからん、こういう時はまずはAcon(アコナイト)を10分間隔でリピートや~」??

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別動物
ひよこ・歩行時のふらつき/うまく歩けない状態でしたが、2日後には正常に足をついて歩けるようになっていました。

お祭りで飼ってきたひよこの足が、4日ほど前、急に寒くなってきたあたりから、足の甲で歩くようになってしまい、うまく歩けない状態でしたが、Arn(アーニカ)とマザーティンクチャーのAlfalfa(アルファルファ)と、ペット用のHyper(ハイペリカム)と、Calen(カレンデュラ)のコンビを水に入れて、日当たりのいいところにうつしてあげたところ、2日後には正常に足をついて歩けるようになっていました。

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別動物
猫(3歳)・自閉症/ホメオパシーで自閉症の猫が改善

海外のホメオパスが動画(YouTube)を掲載されていましたのでご紹介します。【動画概要】アメリカ・ニューヨークとコネチカットで、ホリスティックな動物病院の獣医として活躍するDrファレクのウェブサイトに3歳の猫が、どの様にホメオパシーによって救われたかを語る、猫の飼い主とDrマルシー・ファレクの対談動画。

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別動物
犬(1歳半黒ラブ)・尾尻の肉離れ/犬の尾尻が肉離れの状態、Ruta(ルータ)をリピートすると、なんと翌日には尻尾が動かせるようになっていました。

先日は、黒ラブの尻尾を逃げるところを捕まえようと握ったところ、変に捻じり、そのまま上に上がらなくなってしまいました。尻尾の付け根をさわると骨と周りの筋肉があきらかに剥離して肉離れの状態。いそいでRuta30cを何回かリピートすると、なんと翌日には尻尾が動かせるようになっていました。

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別動物
犬・喘息/ひどい喘息がBlatta(ブラッタ/インド・ゴキブリ)と Merc-co(マーキュリー・コー)のレメディーで即、目を見張る改善がありました!

我が家の愛犬のひどい喘息がBlattaとMerc-coのレメディで即、目を見張る改善がありました!

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別動物
猫・下痢/子猫が水溶性の下痢。レメディーを与えると、あんなにひどかった下痢が一日で治りました。

子猫用のミルクを与えたら下痢になり、しかもひどい水溶性の下痢。Ars(アーセニカム)とNux-v(ナックス・ボミカ)を与えミルクを低音殺菌無調整牛乳に変えましたらあんなにひどかった下痢が一日で治りました。

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別動物