持病(扁桃腺炎・坐骨神経痛・神経陰性膀胱炎)/久しぶりに出てきた持病です。

持病である扁桃腺炎の痛みと、坐骨神経痛と、神経陰性膀胱炎と、医者で診断された持病がでてきました。ホメオパスの健康相談会にかかり、ほんとに久しぶりに出てきた持病です。 ホメオパシーでもなんとかやっつけようとしていたのですが […]

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別その他感染症(ウイルス・細菌)肩から腰
慢性膀胱炎/膀胱炎を起こしてしまい、下腹部を暖めて改善できたので、予定通り外出して重い物を持ち歩き、数年前に左の足指の関節を剥離骨折したところが痛み出してしまい、膀胱炎も悪化して病院に行かなくてはならない状態になりました。

レメディは購入してあったので、初めてレメディを摂取してみました。Acon.(アコナイト)、Canth.(カンサリス)、Nux-v.(ナックスボミカ)、Apis.(エイピス)を5分おきにとりました。30分しないうちに、下腹部の嫌な感じがすーと抜ける感じがして頭がキーンと一瞬しましたが、直ぐに治りました。不思議な体験でした。

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別感染症(ウイルス・細菌)
口蹄疫/英国では1967、1968、1981年に口蹄疫が発生。口蹄疫には、ホメオパシーレメディーの、ボーラックス30Cが有効だったと報告されております。

口蹄疫は法定伝染病にも指定され、ホメオパシーでの対処には大きな圧力がかけられた中、英国などでは草の根でホメオパシーの使用が広がり、Borax(ボーラックス)30Cなどのレメディーの使用が酪農の現場で広がりました。英国では、流行時にホメオパシーの使用の多かった地域では、流行が広がらなかったと報告されております。

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別動物感染症(ウイルス・細菌)
帰国後の体調不良/インドから帰って下痢→全身の痒み。サポート消化で効果てきめん。

インドから帰ってきて、まず最初の一週間は下痢に悩まされ、それが止まったと思ったら、何か全身がかゆい、むずむずして、掻きたいのだけど、特に湿疹など症状があるわけではないし、場所も特定できないので、どこを掻いて良いのかわから […]

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別アレルギー(食物、アトピーなど)感染症(ウイルス・細菌)
風邪(子ども)/派手な好転反応(発疹と排膿)。おそらくそれまでに受けた予防接種などの排毒だったのではと思います。

ホメオパシーと出会って8年になります。 初めは半信半疑でしたが、あるとき何気なく子どもの風邪に使ったレメディーが大ヒット。 派手な好転反応(発疹と排膿)を目の当たりにして、これは本物だと直感しました(おそらくそれまでに受 […]

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別子ども感染症(ウイルス・細菌)
長引く咳(4歳娘)/もともと気管支が弱く、病気の始まりは必ず咳からです。「小児病(ホメオパシー出版)」の本を読みつつ、娘の症状に合ったメファイティス(Meph)、ナフタリン(Naph)、コカスカクティ(Coc-c)と念のためノゾーズのパタシン(Pert)を取り寄せあげてみました。

4歳の娘のことで、ご報告します。年を明けてしばらくしたあたりから、よく咳をするようになりました。昼間はそんなに酷くないのですが、夜は酷く目が覚めて、吐くか痰が絡まるけど出せない感じで、しばらくしてピタと治まります。

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別子ども感染症(ウイルス・細菌)
百日咳/百日咳様の咳にドロセラ。とり始めて2~3日で、すっかり治まってしまいました。

ゴールデンウィーク中に風邪のような症状が始まり、断続的な咳が続いていました。すぐに治まるだろうと高をくくり、そのままにしていましたが、なかなか治らず2週間以上も経過してしまいました。日に日に症状がひどくなり、発作がおきる […]

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別感染症(ウイルス・細菌)
おたふく風邪(1歳9ヶ月)/レメディーの力を借りて、しっかりおたふく風邪にかかることができ、子供自身の自然治癒力で完治させることができました。

興味深かったのは、耳が腫れた日の朝、風邪気味だったので子供自身にキットから好きなレメディを選ばせたところ、2つ選んだのですが、その時の風邪の症状からは合っていないように思われたので「今回は外れかな」と思って子供が選んだレメディは取らせなかったのですが、それがおたふく風邪に効くレメディだったことです。

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別子ども感染症(ウイルス・細菌)
おたふく風邪、感情のコントロール(次女)/今回おたふくになったことで二女なりに毒出しをしようとしていたのだと分かり、安心しました。

二女の体験談。 二女は兄弟に対して怒鳴りまくる・・・ちょっとしたことで腹を立てたり、泣き出したり・・・と感情のコントロールが出来ていないようで、Hyos(ハイオサイマス).などを摂らせてみたのですが変わらずで、ホメオパス […]

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別子ども感染症(ウイルス・細菌)
中耳炎(5歳長女)/薬を使わず治した話です。長女はそれまでに何度か中耳炎になっており、「中耳炎は抗生物質を飲まなければ治らない」と思っていました。

豊受クリニック高野先生の講演会に出たり、受診するうち、「いくら健康を意識した食生活をしていても、抗生物質1週間を飲んだだけで、無駄になってしまう。」というお言葉を聴いて以来、「この抗生物質を飲まないと、命の危険が!」という場合だけにしたいと思うようになりました。長女の場合は、午前中だけ2~3時間熱が上がり、それが1週間程続きました。

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別子ども感染症(ウイルス・細菌)首から上
胃腸炎(下痢・子ども)/あんなにひどかった症状が、一粒のレメディーで治るとは、ホメオパシーの偉大さを感じた体験でした。

子供の胃腸炎。いくつか手持ちのレメディを試しましたが、効かず、下痢がひどかったので、一応、病院に行ったら、かえって他の種類の胃腸炎をもらってしまい、一週間以上下痢が続き、オムツをしていてもウンチが漏れてしまい、洗濯などとても大変でした。子供も辛そうで、とても可哀想でした。そんななか、サイトで検索をしたら、Verat(バレチュームアルバム)がヒットしました。

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別子ども感染症(ウイルス・細菌)
風邪/レメディーで風邪を乗り切った次の日は身体がスッキリしています(50代女性)。

家族でホメオパシーを使っています。我が家の風邪の対処法です。あー風邪をひきそうだというときは、Acon.(アコナイト)を早めにとると治ってしまうことが多いです。喉がイガイガするときは、MT)Calen.(カレンデュラ)のスプレー(これは便利)を持ち歩き、直接喉にシュッとしていますと、いつのまにかイガイガがなくなります。

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別感染症(ウイルス・細菌)
水疱瘡(長男)/水疱瘡に罹りましたが、意を決して薬を使わないで出しきることにしました。

先週、長男が水疱瘡にかかりました。土曜日くらいから肩や足に数か所発疹があり、当初は虫刺されだろうと思っていたら、数日後の火曜夕方に急に体中に広がり、顔や頭、口内にも出来、その晩から39度くらいの熱がでました。アレルギー体質で、2歳すぎまではアトピーで苦しんでいたので(これもホメオパシーでほとんど分からないくらいにまでなりました)、全身の湿疹には薬も使わざるを得ないかな、と覚悟をしていましたが、幸いにもあまり痒がらず、熱によるダルさだけでしたので、意を決して薬を使わないで出しきることにしました。

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別子ども感染症(ウイルス・細菌)
夏風邪から軽い喘息に(息子)/喘息の薬は1度ゼイゼイがひどかったときに使いましたが、その後はまったく使わず、レメディーだけで対処できています。

息子は昨年の夏風邪から咳が出始め、くすぶり続けているうちに、ゼイゼイいう症状が時折出現するようになり、今年2月には軽い喘息と診断されました。 病院で処方される薬はとても効くのですが、次第に薬を止めると、ゼイゼイが出て薬が切れなくなってきそうだったので、慌ててホメオパスにかかりました。 

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別子ども感染症(ウイルス・細菌)環境要素(季節・気温など)
新型インフルエンザ・妊娠中/Merc(マーキュリー)を摂るとだいぶ喉の痛みが引き、鼻水の対処にNat-m(ネイチュミュア)、Hep(ヘパ・ソーファー)、熱には色々な種類のティッシュソルト(TS)で、その都度対処しました(30代女性)。

RAH/CHhom学生の体験談です。

カテゴリー
2-ホメオパシー体験談|目的・症状別感染症(ウイルス・細菌)