4回のQX-SCIOセッションとサポートレメディーでアトピー性皮膚炎の症状が軽減したケース|JPHMA認定ホメオパス増田敬子

生まれてからアトピー性皮膚炎。ご両親のお話では「若者らしい覇気ややる気がなさそうに見える。また、長期休暇中は寝てばかりで鬱なのではないか?と思ってしまう。本人は自分ではレメディーはとらない」。そこで、QX-SCIOで変化があればと思い遠隔でのQX-SCIOセッションを申し込まれました。

カテゴリー
1.健康相談会の治癒・改善例
主訴:アトピー(顔と腕)、手指の主婦湿疹|JPHMA認定ホメオパス渡邊公代

夫とは不仲、言葉の暴力、手もたまに出る。義母との関係もよくない。娘の不登校もお前が悪いと責められている。結婚後に皮膚の症状が悪化。相談会に来た時には、両手は包帯を巻いていて、顔はアトピーで赤く腫れていた。

カテゴリー
1.健康相談会の治癒・改善例
電磁波過敏症による全身の辛い症状が改善(50代女性)|JPHMA認定ホメオパス土橋晃子

胃、肝臓、左胸、背中がヒリヒリと刺すように痛む。嘔吐を繰り返す。物事に集中できない。電車に乗る事やLED照明にも耐えられないという症状をお持ちでした。

カテゴリー
1.健康相談会の治癒・改善例その他
子宮頸がんの原因となるヒトパピロマウイルスの感染症状が改善したケース|JPHMA認定ホメオパス小林智美

子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)感染症状や免疫力低下が引き起こす身体の不調がホメオパシーレメディーと過去のトラウマやインナーチャイルドを癒すことにより改善したケースをご紹介いたします。

カテゴリー
1.健康相談会の治癒・改善例健康相談の治癒・改善例
「御嶽神社の水」のレメディーを使用したケース

みなのホメオパシー 第3回 御嶽神社の水より ケース紹介:Cさん(20代・男性) /アッシャー症候群タイプⅡ アッシャー症候群で、先天性の難聴と、網膜色素変性症という目の病気を併せ持った男性のケース

カテゴリー
1.健康相談会の治癒・改善例スピリットウォーター
「八海山尊神社元宮の不動の滝」のレメディーを使用したケース

みなのホメオパシー 第2回 八海山尊神社元宮の不動の滝より Bさん(50代・女性) /手湿疹・高血圧症・冠攣縮性狭心症

カテゴリー
1.健康相談会の治癒・改善例スピリットウォーター
「八海山尊神社の手水」のレメディーを使用したケース

みなのホメオパシー 「第1回 八海山尊神社の手水」Aさん(40代・女性) /コロナ禍でこじれてしまった夫婦関係の修復の事例です。

カテゴリー
1.健康相談会の治癒・改善例スピリットウォーター
今後「 健康相談会の治癒・改善例」情報は、CHhomサイトで公開いたします。

日本ホメオパシー財団認定ホメオパシー統合医療専門校カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHhom)公式サイトにて公開しております。一覧ページはこちらです。

カテゴリー
1.健康相談会の治癒・改善例
動画まとめ:治癒・改善事例|由井寅子ホメオパシー博士

【動画(YouTube)でご紹介します】特定疾患/皮膚筋炎(膠原病・膠原病)(8歳女児)、突発性血小板減少性紫斑病(6歳男児)、白血病(男児12歳)、サルコイドーシス(40歳男性)、発達障害(8歳男児、9歳男児)、ひょう疽

カテゴリー
1.健康相談会の治癒・改善例
皮膚|掌蹠膿庖症(しょうせきのうほうしょう) /手指と右足指親指付け根が痛む|由井寅子ホメオパシー博士

担当ホメオパス:由井寅子|クライアント:39歳女性|主訴:掌蹠膿庖症|状況:手指に多数痛い結節性紅斑。右足指親指付け根が痛む。

カテゴリー
1.健康相談会の治癒・改善例
膝関節の骨軟骨腫(4歳女児)|由井寅子ホメオパシー博士

担当ホメオパス:由井寅子|クライアント:4歳女児|主訴:膝関節の骨軟骨腫|状態:軟骨腫が右膝にできている為、関節を正常に曲げたり伸ばしたりする事ができない。歩行が上手くできず、右脚を伸ばしたまま、ブン回すように歩く。

カテゴリー
1.健康相談会の治癒・改善例
特定疾患・自己免疫疾患・シェーグレン症候群|由井寅子ホメオパシー博士

担当ホメオパス:由井寅子|クライアント:32歳男性|主訴:28歳のとき特定疾患の『シェーグレン症候群』と診断された。ステロイド剤を摂るよう進められたが副作用が辛い

カテゴリー
1.健康相談会の治癒・改善例
アレルギー/アトピー(8歳女児)|由井寅子ホメオパシー博士

担当ホメオパス:由井寅子|クライアント:8歳女児|主訴:アトピー|状況:アトピーは夜と暖かい布団の中で痒くなる。

カテゴリー
1.健康相談会の治癒・改善例
変形性股関節症(73歳女性)|由井寅子ホメオパシー博士

担当ホメオパス:由井寅子|クライアント:73歳女性|状況:股関節の痛み(両側変形性股関節症)。杖をついて歩行。右股関節は人口骨。怒りっぽい。|結果:定期健診のレントゲンで、つぶれていた滑液ができて骨と骨の間に隙間が出来ていた。杖がなくても歩行でき、痛みは全くない。

カテゴリー
1.健康相談会の治癒・改善例
皮膚/掌蹠膿庖症(しょうせきのうほうしょう)/足の裏|由井寅子ホメオパシー博士

担当ホメオパス:由井寅子|クライアント:女性|主訴:掌蹠膿疱|状況:
足の裏に膿の入った水ぶくれが出て、皮が剥ける。歩くと膿が潰れるので、ガーゼで覆っている。皮膚科で検査してもらったが、膿は菌は発見できず、原因不明との診断を受けた。

カテゴリー
1.健康相談会の治癒・改善例